ホーム > よくあるご質問 > 資格を更新される方へ

資格を更新される方へ

資格更新について
顔写真の提出について
更新料のお支払いについて
申請内容および登録情報の照会・変更について
資格更新学習・資格更新試験について

資格更新について

資格更新とは何ですか?

スマートマスターおよび家電製品アドバイザー、家電製品エンジニアの資格有効期間は交付日から「5年間」です。資格の有効期限が切れるまでに所定の更新手続きを完了することで、新たに「5年間」資格の効力を継続することができます。実際に更新するためには、申請期間内に資格更新のお申込みをされ、「資格更新学習の修了」などの手続きを資格の有効期限内に完了していただく必要があります。

資格更新の申請期間はいつですか?

資格更新の申請期間は、以下の通り、対象者の方々の資格更新日に応じて決まっています。これらの期間中は、認定センターのホームページよりインターネット申請を受け付けています。
 ■5月1日付更新(資格有効期限4月末)の方は前年12月1日から当年3月31日までの4ヶ月間

 ■11月1日付更新(資格有効期限10月末)の方は当年6月1日から9月30日までの4ヶ月間

資格更新学習とはどのような内容ですか?

現在保有されている資格の有効期間中に生じた新たな家電製品関連知識を中心に学習していただきます。具体的には、資格更新学習用テキスト(電子ブック)を各自で学習していただき、その理解度を確認するための資格更新試験(電子テスト)を受験していただくという形式です。受験の結果、所定の合格基準に到達していれば、資格更新が認定され、新たに5年間、資格の効力を継続することができます。

総合アドバイザー・総合エンジニアにすることができますか?

「AV情報家電」と「生活家電」の両方のアドバイザー資格又はエンジニア資格をお持ちの方は、ご本人の申請に基づき、2つの資格を統合して「総合アドバイザー」又は「総合エンジニア」にすることができます。「総合アドバイザー」「総合エンジニア」にすると、更新手続きが一度で済み、更新料は割安となります。「AV情報」と「生活」を別々に更新すると更新料は5,660円×2回ですが、総合で更新すると更新料は8,450円となります。ただし、総合化した資格の有効期限は、2つの資格の有効期限のうち短いほうに統一されますので、予めご了承ください。

やむを得ない事由により資格の有効期限が過ぎてしまいました

資格の有効期限が過ぎてしまった場合、それまで保有されていた資格は失効します。ただし、長期の病気療養や海外勤務など、実態として資格更新手続きが困難であることが明白な合理的理由が存在する場合、資格の失効日から原則として1年以内に申し出て戴ければ、「特例として救済するルール」 があります。詳しい手続要領については認定センターにご相談ください。(この手続きはインターネットではできません)

顔写真の提出について

顔写真はどのように提出するのですか?

資格更新申請後、速やかに顔写真をアップロードしてください(※)。(申請時にアップロードする必要はありません。)紙方式の方は、資格更新試験の解答用紙(マークシート)とともに、所定の写真台紙に顔写真を貼付して提出していただく仕組みです。なお、顔写真は認定証に印刷しますので所定の基準に合致したものをご提出ください 。(顔写真の基準・見本はこちら

※資格更新試験に合格されていても、顔写真を提出されなかった場合、あるいは最終的に提出された顔写真が所定の基準を満たさなかった場合、資格更新は”無効”となります。必ず所定の基準に合致した顔写真を提出してください。

顔写真のアップロードが上手くいきません。何か良い方法はないでしょうか?

顔写真はJPG形式でアップロードしてください。(他のファイル形式でのアップロードはできません。)
スムーズにアップロードするために、顔写真のファイルサイズは50KB以上1MB以下としてください。
家電製品協会認定センターホームページの「資格更新案内」中の下記URLに「顔写真アップロードの方法と操作手順」を示しておりますので、ご参考にしてください。
http://www.aeha.or.jp/nintei-center/uploads/photoupload.pdf

更新料のお支払いについて

コンビニエンスストアで支払いが期限切れとなり支払いできません

コンビニエンスストアの支払いが期限切れとなった場合は、申請自体がキャンセルの扱いとなります。再度申請をお願いします。締切後の再申請はできませんのでご注意ください。

コンビニエンスストアでの支払いを選んだのですが、払込用紙が届きません

コンビニエンスストアでの支払いを選択された場合、払込用紙などは送付されません。決済完了画面または決済完了メールに表示されているコンビニ支払方法URLに詳細を案内しています。

更新申請確認画面でクレジットカードの名称などは確認できますか?

クレジットカードの名称は申請確認画面には掲載いたしません。

クレジットカード、コンビニエンスストアでの支払いに領収書は発行できますか?

家電製品協会から領収書は発行いたしません。クレジットカード支払いの場合はご利用明細書、コンビニエンスストア支払いの場合は店舗よりレシートが発行されます。この他に領収書に代るものとして「マイページ」から「支払い確認書」を印刷することができます。マイページにログインし、「各種お申込内容の照会・変更」に表示される「ピンク色のプリンターアイコン」faxをクリックすると「支払い確認書」が表示されます。

コンビニエンスストアでの支払い方法を教えてください・コンビニエンスストア用支払いの番号を忘れました

"お申し込み時に「お支払手続き画面」内の「コンビニエンスストアなどの支払方法を確認する」をクリックし、お支払いするコンビニエンスストアを選択します。コンビニエンスストアを選択後に番号が表示されます。コンビニエンスストアによって番号や支払方法は異なりますので、コンビニエンスストア支払方法詳細の案内に従ってお支払ください。またはお申込完了時に送信されるメール内のURL、もしくはログイン後「各種お申込内容の照会・変更」より、「青いノートアイコン」noteをクリックするとお支払方法詳細のURLが表示されます。このURLよりお支払い方法を確認することができます。

過去の資格更新支払い明細を確認できますか?

マイページの「各種お申込み内容の照会と変更」画面で申請いただいたお申込み内容が確認できます。このお申込み内容リストの左の「ピンク色のプリンターアイコン」faxをクリックするとお申込みいただいている申請の詳細「支払い確認書」が確認できます。過去のお支払内容確認は、リスト下の「過去のお申込み履歴をみる」iconをクリックして確認できます。

申請内容および登録情報の照会・変更について

申請した内容を確認できますか?

インターネット申請された方は、「マイページログイン」→「マイページをお持ちの方」よりログイン後、マイページの「各種お申込み内容の照会・変更」から確認できます。
「紙申請」で申請された方は、「マイページログイン」→「新規作成/本人確認」よりログイン後、マイページの各種「申請内容の照会・変更」から確認できます。 インターネットを利用できる環境がない方は、認定センターへお問い合わせください。

登録したログインID・パスワード・メールアドレスを忘れてしましました

「マイページログイン」より「新規作成/本人確認」をクリックし、氏名(フリガナ)・生年月日を入力し「過去データの確認」をクリックします。次の画面で登録いただいている住所の郵便番号または保有資格の登録番号を入力し、「確認する」をクリックすると「ユーザー情報編集」画面が表示されます。こちらの画面でログインIDやメールアドレスの確認ができます。またログインID・パスワードやメールアドレスの再登録(変更)をすることもできます。

住所やメールアドレスなど登録情報の確認・変更手続きを教えてください

インターネット登録がまだの方は、「マイページログイン」より「新規作成/本人確認」をクリックし、氏名(フリガナ)・生年月日を入力し「過去データの確認」をクリックします。次の画面で登録いただいている住所の郵便番号または保有資格の登録番号を入力し、「確認する」をクリックすると「ユーザー情報編集」画面が表示されます。こちらの画面で登録情報の確認・変更ができます。
ログインIDとパスワードをお持ちの方は「マイページログイン」→「マイページをお持ちの方」よりログイン後、「個人情報の照会・変更」から確認・変更ができます。

氏名と生年月日の変更の変更手続きを教えてください

個人情報のキー項目である氏名と生年月日を修正する必要が生じた場合は、個人情報訂正等請求票に必要事項を記入し、新旧の氏名がわかる2種類の本人確認書類(認定証・運転免許証・パスポート・戸籍抄本・住民票等)の拡大(約2倍)コピーを添付して家電製品協会認定センター宛お送りください。

資格更新学習・資格更新試験について

資格更新学習は、いつから始められますか?

更新申請及び更新料のお支払いが完了すれば、直ぐにマイページ上で資格更新学習用テキスト(電子ブック)の学習を始めることができます。端末としてはPC・タブレット・スマートフォンのいずれも使用可能です。なお、「紙テキスト+マークシート方式」を選択された方には、資格更新申請をされた日から、10日程度で登録されたご住所宛にお届けできるように発送いたします。

資格更新学習用テキストが届きません

「紙テキスト+マークシート方式」を選択された方で、申請後2週間が経過しても資格更新学習用テキストが届かない場合、認定センターへお問い合わせください。

マイページが開きません。学習管理画面が開きません。

インターネットブラウザーのバージョンをご確認ください。
「バージョン情報」は、メニューバーのヘルプボタンをクリックし、プルダウンメニューにて確認することができます。
システム推奨環境は以下の通りです。
推奨環境でない場合は、家電製品協会認定センター(電話03-6741-5609)までご連絡ください。
・Windows7、8.1、10(IEバージョン11)およびAdobeFLASH16以上
・WindowsVista(Firefox43以降)およびAdobeFLASH16以上
・Androidスマホ Android 4.2~6.x (Google Chrome48)
・iPhone IOS 6、7、8、9 (Safari8)

電子ブックが開きません。(症状:グレー画面のまま)

一時的な通信不良の可能性があります。以下の手順にて、ご使用の機器の状況を確認してください。
確認方法:

  1. 資格更新学習・資格更新試験管理画面トップの“本サービスのシステム推奨環境および動作テストはこちらをご確認ください。"中のこちらをクリックしてください。
  2. 動作環境チェック画面にて「電子ブック確認」ボタンをクリックしてください。電子ブックサンプルが問題なく開く場合は一時的な通信不良と判断されます。
  3. 電子ブックサンプルが開かない場合は、家電製品協会認定センター(電話03-6741-5609)までご連絡ください。

電子ブック・理解度テスト・資格更新試験の文字が小さく、読みづらいのですが、文字サイズを変更できますか?

以下の操作にて文字サイズを変更することができます。

  • ・電子ブックの場合:電子ブック表示画面上部の“-/+”ボタンで文字サイズを変更してください。
  • ・理解度テストの場合:理解度テスト画面右上部の“文字サイズ”ボタンでサイズを変更してください。5段階(極小、小、中、大、極大)のうち読みやすいサイズを選択してください。
  • ・資格更新試験の場合:資格更新試験画面右上部の“文字サイズ”ボタンでサイズを変更してください。5段階(極小、小、中、大、極大)のうち読みやすいサイズを選択してください。

家のパソコンで資格更新試験を受験中に画面がフリーズして動かなくなってしまいました。どのように解決すればよいのですか?

色々な原因が考えられますので、「家電製品資格受験サポートセンター(電話03-5209-0553)」にご相談ください。

電子ブックを閲覧するためには相当量のデータ容量と通信料が必要なのでは?

1冊のテキストをいくつかの単元に区分して学習していただきますが、各単元のデータ容量は、「1MB~3MB」程度と通常のインターネット閲覧と同程度です。テキスト1冊分でも10MB~20MB程度であり、特段、心配されることはないかと思います。

パソコンが壊れたため(パソコンの調子が悪いため)、更新学習を継続することができません。従来方式に変更できませんか?

学習機材を修理された上で学習を継続していただければ、学習履歴はシステム側で維持されていますのでご安心ください。PCが不調の間は、お手持ちのタブレットやスマートフォンでも同様に学習を進めることができます。
なお、「更新方式の変更申請書」をご提出いただき、変更可否の審査をさせていただいた結果、「変更可」と認められた場合、「紙テキスト+マークシート方式」に変更できますが、更新学習はゼロスタートとなります。また、別途、手数料がかかりますので、予めご承知おきください。先ずは、「家電製品協会認定センター(03-6741-5609)」に電話でお問い合せください。

電子ブックや電子テストを実行できる環境がありません。その場合、どのようにすればよいのですか?

「電子ブック」や「電子テスト」を採用することで、より便利で効率的になった資格更新の手続は、より多くの皆さまにご活用いただけるように、スマートフォンやタブレットでも使用できるよう工夫していますので、ぜひ、これら端末機器でもお試しいただきたいと思います。
それでも困難なケースを想定し、制度移行期間中の特別措置として、例外的に、「紙による学習と試験」の手続きを準備しています。その場合は、更新申請時に「紙テキスト+マークシート方式」を選択してください。

個人的に紙のテキストやマークシート方式での試験の方が好きなのですが、紙のテキストなどによる資格更新は可能でしょうか?

基本的に紙のテキストや試験は廃止していますので、「電子学習」環境を確保できない場合を除き、「紙テキスト+マークシート方式」を選択することはできません。
電子ブックや電子テストは、多くの方々からの要請に基づき導入したもので、重いテキストを持ち歩かずとも学習できることやいつでも・どこでも試験問題に取り組むことができるようになっています。その一方で従来のようなアナログ感覚が低下していることも事実です。これらの両立は難しいですが、電子ブックの重要箇所には、予め黄色のマーキングを施してあることや電子テストで間違った問題については、解説ボタンをクリックすれば、テキストの該当箇所を開く機能など、効率的・効果的に学習していただけるように工夫されています。
ぜひ、電子方式での資格更新に取り組んでみてください。