EDI標準化仕様

  • 前のページへ
  • 次のページへ

第2章 E-VAN標準化内容

「第2章4」 ダウンロード(676KB)PDFで開きます

4.納品データ

(1)概要

納品データはメーカーが流通企業に対して、商品の出荷情報をデータで日々提供するものです。流通企業の活用目的により、商品着荷前に送信する場合と、商品着荷後に送信する場合があります。

着荷前:流通企業での検品(検収)業務に活用されています。
着荷後:注残消し込みや買掛計上業務に活用されています。

(2)運用上の注意点

[1]
欠品データを要求される場合は、欠品データと混在で提供することになります。
一つのファイルヘッダーの中に納品データと欠品データを混在で送信することになります。
(納品データ単独での運用も可能です)
[2]
着荷前の運用を希望される場合は、実際の納品タイミングと、流通企業とメーカー双方の納品データ処理タイミングを踏まえて、運用スケジュールを設定する必要がありますので、事前に双方で確認の上実施することになります。

(3)納品データフォーマットの説明

[1]ファイルヘッダー

○・・・必須、△・・・任意、×・・・不要(スペース)

No
項目
タイプ
開始
位置
桁数
(バイト)
必須

任意
内容
1
レコード区分
X
1
1
“A”
2
データ種別
9
2
2
“02”
3
データ
処理
年月日
9
4
6
処理日付(西暦:yymmdd)
4
時刻
9
10
6
処理時刻(hhmmss)
5
データ日付年月日
9
16
6
“000000”(ALLゼロ)
6
データ
送信側
センターコード
9
22
6
送信側の共通取引先コード
7
予備
9
28
2
“00”
8
最終
送信先
センターコード
9
30
6
最終送信先の共通取引先コード
9
予備
9
36
2
ステーションアドレス(双方取り決め)
10
直接
送信先
センターコード
9
38
6
・中継センターがある時のみ中継センターの共通取引先コード
11
予備
9
44
2
・ステーションアドレス(双方取り決め)
・中継センター無しの時はALLゼロ
12
レコードサイズ
9
46
3
“128”又は“256”
13
レコード件数
9
49
6
ファイルヘッダーを含む1ファイル内のレコード件数
14
帳票枚数
9
55
5
“00000”(ALLゼロ)
15
余白
X
60
69
or
197
×
使用不可(スペース)
*レコード長が128バイトの時・・・69バイト
 レコード長が256バイトの時・・・197バイト
[2]明細レコード

○・・・必須、△・・・任意、×・・・不要(スペース)

No
項目
タイプ
開始
位置
桁数
(バイト)
セットサイド
必須

任意
内容
 
発注
データ
メーカー
1
レコード区分
X
1
1
“E”
 
2
データ区分
9
2
2
“02”
 
3
伝票区分
9
4
2
“01”通常出荷
“02”預け品出荷
“03”預け品計上(03は設定不可メーカーあり)
“04”返品
区分と活用目的の関係は補足説明を参照
 
4
発注
企業
法人コード
9
6
6
発注企業の共通取引先コード
 
5
店コード
X
12
6
発注企業の店コード
(6桁以内左詰)
 
6
発注年月日
9
18
6
発注日(西暦:yymmdd)
 
7
発注No
X
24
8
発注No(8桁以内左詰)
 
8
発注明細番号
X
32
2
発注明細番号(伝票単位の発注制度をとっていない場合はスペース)
 
9
伝票番号
9
34
7
6桁+CD(JANコードの算出方法と同じ)
 
10
伝票行No.
9
41
1
伝票行No.
 
11
納品場所コード
X
42
6
納品場所コード
(6桁以内左詰)
 
12
伝票日付
9
48
6
伝票日付(西暦:yymmdd)
 
13
請求月
9
54
2
請求月
 
14
受注
企業
企業コード
9
56
6
受注企業の共通取引先コード
 
15
予備
9
62
2
ステーションアドレス
(双方取り決め)
 
16
納品
企業
企業コード
9
64
6
納品企業の共通取引先コード
 
17
予備
9
70
2
ステーションアドレス
(双方取り決め)
 
18
商品コード
X
72
13
標準コード(13桁)
短縮コード(8桁)
インストアコード(任意)(左詰)
 
19
商品コード識別区分
X
85
1
“T”JAN標準
“F”JAN短縮
“I”インストアコード
 
20
納品数量
9
86
5
納品数量
 
21
納品単価
9
91
9
納品伝票上の納品単価
(銭単位)9999999V99
 
22
発注数量
9
100
5
発注数量(レフトゼロ)
 
23
納期日付
9
105
6
×
分納時は全納するための最終納品予定日
 
24
色、サイクル、ガス種
X
111
5
色、サイクル、ガス種等
双方で取決め
 
25
売単価
9
116
8
売単価(円単位)
 
26
自由使用欄(1)
X
124
5
双方取決め事項
128Byte
27
型番
X
129
20
メーカー使用型番(左詰)
 
28
納品場所名称
X
149
19
納品場所名(左詰)
 
29
摘要
X
168
9
摘要
 
30
課税区分
X
177
1
“1”課税
“2”非課税
 
31
内税外税区分
X
178
1
“1”外税
“2”内税
 
32
税関係区分(1)
X
179
1
税関係の区分に使用
 
33
税関係区分(2)
X
180
1
税関係の区分に使用
 
34
税額
9
181
8
消費税額(円単位)
 
35
余白
X
189
24
×
使用不可(スペース)
 
36
発注者
X
213
9
発注データの発注者
 
37
備考
X
222
25
発注データの備考
 
38
自由使用欄
X
247
10
双方取決め事項
256Byte

①項番27~38の全ての項目が不要なとき、128バイトとします。
②項番27~38の何れかの項目が必要なとき、256バイトとします。

(4)補足説明

伝票区分と活用目的の関係について

 
発注残消込み
買掛計上
検品(検収)
通常出荷(01)
預け品出荷(02)
×
預け品計上(03)
×
×
返品(04)
×
×

(5)拡張E-VAN

納品データフォーマットの説明

■ファイルヘッダー

※網がけ表示は、E-VANからの変更点(水色:変更・黄色:項目追加・紫色:流通側要望で追加)

No
項目
桁数
タイプ
必須

任意
項目設定値
流通企業側
セット
メーカー側
セット
1
レコード区分
1
C
固定値”A”
2
データ種別
2
C
固定値”02”
3
データ処理年月日
8
N
データ処理日付(YYYYMMDD)
4
データ処理時刻
6
N
データ処理時刻(HHMMSS)
5
データ日付年月日
8
N
トランスレーション日付
6
データ送信側
センターコード
6
C
送信元センターコード
7
データ送信側
センターコード予備
2
C
"00"
8
最終送信先
センターコード
6
C
最終送信先センターコード
9
最終送信先
センターコード予備
2
C
ステーションアドレス(双方取決め)
10
直接センターコード
6
C
直接送信先センターコード
11
直接センターコード
予備
2
C
・ステーションアドレス(双方取決め)
・中継センター無しの時はALLゼロ
12
レコードサイズ
3
N
レコード長
13
レコード件数
6
N
データ件数
14
帳票枚数
5
N
帳票の枚数
15
テスト区分ID
1
C
テストデータ時は、'1'
本番時は、ブランク
16
余白
506
C
×
使用不可(スペース)
 
 
 
 
570
 
 
 
 
 
■明細
No
データ項目
桁数
タイプ
必須

任意
項目設定値
流通企業側
セット
メーカー側
セット
1
レコード区分
1
C
固定値”E”
2
データ区分
2
C
固定値”02”
3
伝票区分
2
C
01通常発注、02預かり出荷、03預け品計上、04返品
4
発注企業
法人コード
6
C
発注企業の共通取引先コード
5
発注企業
店コード
8
C
発注店舗コード
6
発注年月日
8
N
発注年月日
7
発注No
14
C
発注No
8
発注明細番号
2
C
発注明細番号
9
伝票番号
10
N
伝票番号
10
伝票行No
2
C
行No
11
納品場所コード
8
C
納品先の店舗コード
12
最終納品店コード
8
C
最終納品店の店舗コード
13
伝票日付
8
N
納品日(YYYYMMDD)
14
請求月
2
N
請求月
15
受注企業
企業コード
6
C
受注企業の共通取引先コード
受注・出荷・納品を行う卸/メーカー企業を表す独自コード
16
受注企業予備
2
C
ステーションアドレス
17
納品企業
企業コード
6
C
納品企業の共通取引先コード
18
納品企業予備
2
C
ステーションアドレス(双方取決め)
19
請求取引先コード
13
C
商品代金の請求を行う卸/メーカー企業を表す独自コード
20
商品コード
13
C
標準JAN・短縮JAN・インストア
21
商品コード識別区分
3
C
T(JAN標準)、F(JAN短縮)、I(インストア)
22
商品分類(大)
10
C
商品分類大
23
商品分類(中)
10
C
商品分類中
24
納品数量
7
N
納品数量
25
納品単価
10
N
納品単価
26
納品金額
12
N
納品金額
27
欠品数量(バラ)
7
N
納品不足数
28
発注数量
7
N
小売からの発注数
29
発注単位
4
N
発注最低ロット数
30
発注数量(発注単位数)
6
N
発注単位の発注数
31
発注単位コード
2
C
発注単位の呼称(コ・Kg・Cm)
32
最終納品先納品日
8
N
受注の最終納品先納品日をセット
33
色、サイクル、ガス種
5
C
色、サイクル、ガス種
34
売単価
10
N
売単価
35
売価金額
10
N
売価金額
36
自由使用欄(1)
5
C
双方取り決め事項
37
コメント(1)
30
C
コメントがある場合に使用(1)カナ
38
コメント(2)
30
C
コメントがある場合に使用(2)カナ
39
型番
20
C
メーカー型番
40
納品場所名称カナ
19
C
納品場所のカナ名称
41
納品場所名称漢字
40
C
納品場所の漢字名称
42
摘要
9
C
摘要がある場合に使用
43
内税外税区分
1
C
1'外税,'2'内税
44
税区分
2
C
01課税、02非課税、03免税、04不課税
45
税率
3
N
税率
46
税額
8
N
税額
47
発注者
9
C
氏名又はコード
48
備考
25
C
発注データの備考
49
出荷荷姿コード
2
C
00無指定・01バラ・02ボール・03ケース・04パレット・05バンドル
50
出荷荷姿(出荷荷姿数)
6
N
納品合計数(出荷荷姿の換算数)
51
取引先出荷日
8
N
メーカー出荷日
52
出荷ケース数
6
N
梱包単位の出荷数
53
出荷総梱包数
6
N
出荷総梱包数
54
梱包No
36
C
梱包No
55
ITFコード(GTIN-14)
14
C
GTIN-14
56
ITF入数
4
N
ITFコード内の数量
57
欠品区分
2
C
欠品時の理由 00欠品なし・11マスターメンテミス小売責 ・12発注ミス小売責・21納入者品切・22メーカー品切
58
EOS区分
2
C
01-EOS発注、02-非EOS発注
59
自由使用欄(2)
10
C
双方取決め事項
60
余白
39
C
×
使用不可(スペース)
 
 
 
 
570
 
 
 
 
 
ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
PDFファイルへリンクしています。