EDI標準化仕様

  • 前のページへ
  • 次のページへ

第2章 E-VAN標準化内容

「第2章6」 ダウンロード(848KB)PDFで開きます

6.納品結果データ

(1)概要

納品結果データは流通企業がメーカーの納品に対して、受領した結果を請求・支払前にデータで日々提供するものです。

(2)運用上の注意点

[1]
運用スケジュールは、流通企業とメーカー双方のデータ処理タイミングを踏まえて設定しますが、納品差異が生じた場合、当日に迅速な原因調査・対処が行える時間帯の送受信を前提とします。
[2]

検品差異区分

納品数と検品数に差異が生じた原因を情報として付加できる場合、可能な範囲で該当する理由を2桁の区分コードでセットします。
区分の詳細は補足説明の(4)-[1]を参照下さい。
但し、伝票検品等で受入をした場合は当区分のセットは必要ありません。

(3)納品結果データフォーマットの説明

[1]ファイルヘッダー

○・・・必須、△・・・任意、×・・・不要(スペース)

No
項目
タイプ
開始
位置
桁数
(バイト)
必須

任意
内容
1
レコード区分
X
1
1
“A”
2
データ種別
9
2
2
“12”
3
データ
処理
年月日
9
4
6
処理日付(西暦:yymmdd)
4
時刻
9
10
6
処理時刻(hhmmss)
5
データ日付年月日
9
16
6
“000000”(ALLゼロ)
6
データ
送信側
センターコード
9
22
6
送信側の共通取引先コード
7
予備
9
28
2
“00”
8
最終
送信先
センターコード
9
30
6
最終送信先の共通取引先コード
9
予備
9
36
2
ステーションアドレス(双方取り決め)
10
直接
送信先
センターコード
9
38
6
・中継センターがある時のみ中継センターの共通取引先コード
・中継センター無しの時はALLゼロ
11
予備
9
44
2
・ステーションアドレス(双方取り決め)
・中継センター無しの時はALLゼロ
12
レコードサイズ
9
46
3
“256”
13
レコード件数
9
49
6
ファイルヘッダーを含む1ファイル内のレコード件数
14
帳票枚数
9
55
5
“00000”(ALLゼロ)
15
余白
X
60
197
×
使用不可(スペース)
 
 
 
 
256Byte
 
 
[2]明細レコード

○・・・必須、△・・・任意、×・・・不要(スペース)

No
項目
タイプ
開始
位置
桁数
(バイト)
セットサイド
必須

任意
内容
発注
データ
メーカー
1
レコード区分
X
1
1
“E”
2
データ区分
9
2
2
“12”納品結果データ
3
伝票区分
9
4
2
“11”通常入荷
“12”預け品入荷
“13”預け品計上
4
発注
企業
法人コード
9
6
6
発注企業の共通取引先コード
5
店コード
X
12
6
発注企業の店コード
(6桁以内左詰)
6
発注年月日
9
18
6
発注日(西暦:yymmdd)
7
発注No
X
24
8
発注No(8桁以内左詰)
8
発注明細番号
X
32
2
発注明細番号(伝票単位の発注制度をとっていない場合はスペース)
9
伝票番号
9
34
7
6桁+CD(JANコードの算出方法と同じ)
10
伝票行No.
9
41
1
伝票行No.
11
納品場所コード
X
42
6
納品場所コード
(6桁以内左詰)
12
伝票日付
9
48
6
伝票日付(西暦:yymmdd)
13
請求月
9
54
2
請求月
14
受注
企業
企業コード
9
56
6
受注企業の共通取引先コード
15
予備
9
62
2
ステーションアドレス
(双方取り決め)
16
納品
企業
企業コード
9
64
6
納品企業の共通取引先コード
17
予備
9
70
2
ステーションアドレス
(双方取り決め)
18
商品コード
X
72
13
標準コード(13桁)
短縮コード(8桁)
インストアコード(任意)(左詰)
19
商品コード識別区分
X
85
1
標準
“F”JAN短縮
“I”インストアコード
20
納品数量
9
86
5
納品数量
21
納品単価
9
91
9
仕入単価
(銭単位)9999999V99
22
発注数量
9
100
5
入荷検品数量(レフトゼロ)
23
納期日付
9
105
6
入荷検品日付(YYMMDD)
24
色、サイクル、ガス種
X
111
5
色、サイクル、ガス種等
双方で取決め
25
売単価
9
116
8
売単価(円単位)
26
自由使用欄(1)
X
124
5
双方取決め事項
27
型番
X
129
20
メーカー使用型番(左詰)
28
納品場所名称
X
149
19
納品場所名(左詰)
29
摘要
X
168
9
摘要
30
課税区分
X
177
1
課税
“2”非課税
31
内税外税区分
X
178
1
“1”外税
“2”内税
32
税関係区分(1)
X
179
1
税関係の区分に使用
33
税関係区分(2)
X
180
1
税関係の区分に使用
34
税額
9
181
8
消費税額(円単位)
35
マスター単価
9
189
9
 
内容については流通・メーカー間で調整及び確認する
単価(銭単位)ZZZZZZ9V99
(但し、円以下”00”の時は円までを表示)
36
検品差異区分
X
198
2
 
 
検品差異区分をセット。補足説明参照
37
余白
X
200
13
×
使用不可(スペース)
38
発注者
X
213
9
発注データの発注者
39
備考
X
222
25
発注データの備考
40
自由使用欄
X
247
10
双方取決め事項
 
 
 
 
256Byte
 
 

(4)補足説明

[1]検品差異区分の定義
区分
差異が生じた理由
10
納品物の外的要因(打痕、外装不良など)
20
納品データと実際の納品との差異(データと納品数・現物の相違、納品データが無い場合など)
30
発注番号照合による発注残引当の相違(発注期限切れ、該当の発注番号が無い場合など)
40
納品データの項目セット不備により引当できない場合(発注店・納品場所・商品などのコード照合不可)
90
その他

(5)拡張E-VAN

納品結果データフォーマットの説明

■ファイルヘッダー

※網がけ表示は、E-VANからの変更点(水色:変更・黄色:項目追加)

No
項目
桁数
タイプ
必須

任意
項目設定値
流通企業側
セット
メーカー側
セット
1
レコード区分
1
C
固定値”A”
2
データ種別
2
C
固定値”12”
3
データ処理年月日
8
N
データ処理日付(YYYYMMDD)
4
データ処理時刻
6
N
データ処理時刻(HHMMSS)
5
データ日付年月日
8
N
トランスレーション日付
6
データ送信側
センターコード
6
C
送信元センターコード
7
データ送信側
センターコード予備
2
C
"00"
8
最終送信先
センターコード
6
C
最終送信先センターコード
9
最終送信先
センターコード予備
2
C
ステーションアドレス(双方取決め)
10
直接センターコード
6
C
直接送信先センターコード
11
直接センターコード
予備
2
C
・ステーションアドレス(双方取決め)
・中継センター無しの時はALLゼロ
12
レコードサイズ
3
N
レコード長
13
レコード件数
6
N
データ件数
14
帳票枚数
5
N
帳票の枚数
15
テスト区分ID
1
C
テストデータ時は、'1'
本番時は、ブランク
16
余白
300
C
×
使用不可(スペース)
 
 
 
 
364
 
 
 
 
 
■明細
No
データ項目
桁数
タイプ
必須

任意
項目設定値
流通企業側
セット
メーカー側
セット
1
レコード区分
1
C
固定値”E”
2
データ区分
2
C
固定値”02”
3
伝票区分
2
C
01通常発注、02預かり出荷、99受注側にて01.02を判断
4
発注企業
法人コード
6
C
発注企業の共通取引先コード
5
発注企業
店コード
8
C
発注店舗コード
6
発注年月日
8
N
発注日(YYYYMMDD)
7
発注No
14
C
発注Noをセット
8
発注明細番号
2
C
発注明細番号(伝票単位の発注制度をとっていない場合は、スペース)
9
伝票番号
10
N
伝票番号
10
伝票行No
2
N
行番号
11
納品場所コード
8
C
納品先の店舗コード
12
伝票日付
8
N
納品日(YYYYMMDD)
13
請求月
2
N
請求月
14
受注企業
企業コード
6
C
受注企業の共通取引先コード
15
受注企業予備
2
C
ステーションアドレス(双方取決め)
16
納品企業
企業コード
6
C
納品企業の共通取引先コード
17
納品企業予備
2
C
ステーションアドレス(双方取決め)
18
商品コード
13
C
標準JAN・短縮JAN・インストア
19
商品コード識別区分
1
C
T(JAN標準)、F(JAN短縮)、I(インストア)
20
納品数量
7
N
納品数量
21
納品単価
10
N
納品単価
22
原価金額合計
12
N
納品数量×納品単価
23
発注数量
9
N
発注数量
24
受領数量
(バラ)
9
N
受領数量(バラ)
25
受領数量
(発注単位数)
6
N
発注単位での受領数量
26
納期日付
8
N
入荷検品日付(YYYYMMDD)
27
色、サイクル、ガス種
5
C
双方取決めにて使用
28
売単価
10
N
売価単価
29
自由使用欄(1)
5
C
双方取決めにて使用
30
型番
20
C
メーカー使用型番
31
納品場所名称カナ
20
C
納品場所のカナ名称
32
摘要
9
C
摘要
33
税区分
2
C
01課税、02非課税、03免税、04不課税
34
内税外税区分
1
C
1'外税,'2'内税
35
税関係区分(1)
1
C
税関係の区分に使用
36
税関係区分(2)
1
C
税関係の区分に使用
37
税額
12
N
税額
38
マスター単価
9
N
マスター単価
39
発注者
9
C
氏名又はコード
40
備考
25
C
備考
41
自由使用欄
10
C
双方取決めにて使用
42
最終納品先納品日
8
N
最終納品先納品日
43
訂正後直接納品先納品日
8
N
訂正後直接納品先納品日
44
訂正後最終納品先納品日
8
N
訂正後最終納品先納品日
45
センター納品書番号
10
N
センター納品書番号(双方取り決め事項)
46
EOS区分
2
C
01-EOS発注、02-非EOS発注
47
訂正区分
2
C
00-訂正なし、01-商品違い(取引先責)、 02-価格違い(取引先責)、 03-誤仕分、04-汚れ、破損、 05-遅納、06-鮮度基準外、07-数量不足、 08-数量過多、09-その他(小売責)
48
商品区分
2
C
01-定番、02-準特価(中目)、03-特売(チラシ)
49
発注区分
2
C
客注、在庫、ブライダル、不良交換等の区分
50
出荷データ有無区分
2
C
01-出荷データ作成要、02-出荷データ作成不要
51
余白
17
C
×
使用不可
 
 
 
 
364
 
 
 
 
 
ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
PDFファイルへリンクしています。