EDI標準化仕様

  • 前のページへ
  • 次のページへ

第5章 JD-NETシステム概要

「第5章2」 ダウンロード(260KB)PDFで開きます

2.検索機能メニュー

メニュー
検索内容
1
商品件数
全商品を対象に、商品分類・メーカー別に件数を表示し、選択して各商品の詳細情報を表示します。尚、新商品のみを対象に検索する事もできます。
(新商品とは、過去60日間に発売された商品と今日以降発売される商品を意味します)
2
商品検索
商品分類・メーカー・発売日・価格変更日・特性項目などの条件を組合せ、商品を絞り込んで検索し、各商品の詳細情報を表示します。商品機能比較が簡単に行えます。
3
JANコード・型番・キーワード検索
JANコードまたは型番またはキーワード(商品名称やセールスポイントなど)を入力することで、商品を指定した検索表示が行えます。複数指定した商品情報の画像ダウンロードが簡単に行えます。ワイルドカード利用が可能です。
4
全項目一覧
商品分類・メーカーを指定し、各商品の詳細情報(全項目)を表示します。全項目情報のダウンロードが簡単に行えます。
「ワイルドカード」…
“*”や“?”のことで、例えば型番がうろ覚えでも“CTV*”と入力すれば先頭に“CTV”がつく型番を全て探してくれる機能です。
通常、“*”は複数文字、“?”は1文字の時に使用します。

・一括取込機能はFTPを使い、基本情報・特性情報・画像情報・ブランドロゴ・商品ロゴの差分データの取り込みが可能です。

尚、詳細につきましては、JD-NET協議会事務局までお問い合せください。

JD-NETシステムのお問合せ先

ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
PDFファイルへリンクしています。