HOME > 不法投棄の防止にご協力を

指定法人とは 指定法人の責務・役割 製造業者の責務・役割 指定法人の再商品化等実施方法 家電リサイクル法対象の4品目の製造及び輸入販売を 計画されている業者の方へ 特定製造業者及び指定法人リサイクル料金(再商品化等料金一覧) 指定法人による4品目の家電リサイクル実施状況 指定法人の行う調査結果 指定法人の入札案件 再商品化等業務規程 関連情報 小売業者の責務・役割 排出者の責務・役割 不法投棄の防止にご協力を
不法投棄の防止にご協力を

消費者及び事業者の方々は、廃家電を廃棄される場合は、家電リサイクル法に基づき適正に小売業者や市町村に引き渡されるようお願い致します。

≪ご参考≫

不法投棄された場合、以下の厳しい罰則がありますので、ご注意下さい。
「廃掃法第16条で「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。」と規定されております。
これに違反して、一般廃棄物(注:一般家庭から排出される廃家電はこれに該当します。)を捨てた者は、「5年以下の懲役又は1、000万円以下の罰金、若しくは併科に処する。」とあります。

ページの先頭へ