HOME > 指定法人の再商品化等実施方法

指定法人とは 指定法人の責務・役割 製造業者の責務・役割 指定法人の再商品化等実施方法 家電リサイクル法対象の4品目の製造及び輸入販売を 計画されている業者の方へ 特定製造業者及び指定法人リサイクル料金(再商品化等料金一覧) 指定法人による4品目の家電リサイクル実施状況 指定法人の行う調査結果 指定法人の入札案件 再商品化等業務規程 関連情報 小売業者の責務・役割 排出者の責務・役割 不法投棄の防止にご協力を
指定法人の再商品化等実施方法

指定法人は、業務別に以下の通り再商品化等実施業務を行い、業務別の実施状況は以下の通りです。

  1. 特定製造業者等より再商品化等の委託を受けて再商品化等を行う業務
    1. 指定法人が、特定製造業者等との委託契約により、再商品化等を再委託先でリサイクルを行います。指定法人は、再商品化等を実施する複数の事業者による再商品化等の再委託料金の入札を行います。
    2. 特定製造業者は、指定法人の決定した再委託料金等を受け、排出者から徴収する料金(リサイクル料金)を決定し、指定法人へ通知します。
    3. 指定法人は、特定製造業者等からの通知により、特定製造業者等の決定した料金を公表します。
    4. 小売業者等が、排出者より特定製造業者等の廃家電を収集したときに、家電リサイクル券に製造業者名及び料金等が記録され、指定法人が再商品化等業務を再委託した再商品化等実施事業者によりリサイクルが行われます。
  2. 製造業者等が存在せずまたは製造業者等を確知できない廃家電の再商品化等を、指定法人が行う業務
    1. 指定法人は、再商品化等を実施する複数の事業者による再商品化等委託料金の入札を行います。
    2. 指定法人は決定した委託料金等により、排出者から徴収する料金(リサイクル料金)を決定し、料金を公表します。
    3. 小売業者等が、排出者より製造業者等不明等の廃家電を収集したときに、家電リサイクル券に指定法人の処理であること及びその料金等が記録され、指定法人が再商品化等業務を委託した再商品化等実施事業者でリサイクルが行われます。
ページの先頭へ