資格取得者の声

スマートマスター小宅 崇 さん ハウスメーカー勤務

試験勉強で身に付けた知識が、ダイレクトに仕事に役立っています。

プロフィール
住宅産業でも、スマートマスター資格はこれからますます必要になる資格だと考え、試験にトライする決意をしたとのこと。 IoT時代に向け、住宅だけでなく家電について、知識を深めていくことが大切だとお考えだそうです。

現在の担当やお仕事の内容についてお聞かせください。

総合住宅展示場のモデルハウスで店長をやっております。

この資格を受験した理由を教えてください。

住宅産業に求められる知識だと思ったからです。
普段、注文住宅の営業をしておりますが、近年は太陽光発電やエコキュートなどの設備に関する知識だけでは商談に対応できず体系的にスマートハウスを理解する必要があると感じておりました。
そんな中でスマートマスターの資格制度を知り、勉強の良いチャンスだと思いました。
また、当社では取得推奨資格となっていました。

試験勉強のコツなどがあれば教えてください。

受験科目のうち、苦手な科目の過去問題を重点的に勉強しました。
まずは過去問題を解き、採点してみました。
すると、普段の業務で扱わない分野で間違いが多く、その分野はテキストで勉強しました。
過去問題は各科目の出題傾向やポイントをつかむ上で役立ちました。

合格したときの感想は?

正直言って合格の自信がありませんでしたので、合格を知ったときはとてもびっくりしました。

資格を取得して役立っていること、良かったことは?

資格取得のための勉強で得た知識がダイレクトに仕事に役立っています。普段は扱っていない商材についての知識が増え、具体的に商材を比較してお客様に説明できるようになりました。
お客様からの信頼度は増したと感じています。

今後の抱負についてお聞かせください。

資格を取得したことで安心するのではなく、得た知識を日々アップデートしていくことで住宅のIoT化などの新しい変化にも対応していきたいです。

これから受験される方へメッセージをお願いします。

今回、スマートマスターの勉強をして、自分が思っていた以上に住宅と家電とは密接な関係であることが分かりました。
住宅と家電の両方の面からアドバイスできると顧客からの信頼も得られて仕事に役に立つと思います。

資格取得者の声一覧に戻る