ホーム > インフォメーション > お知らせ > 9/5(水)全国統一試験における台風21号による被害に伴う特別措置について【第2報】

お知らせ

お知らせ

9/5(水)全国統一試験における台風21号による被害に伴う特別措置について【第2報】

標記の特別措置に関しまして、去る9/11に受験者の皆さまに電子メールにてお知らせすると同時に、このホームページにて告知いたしました結果、多くの皆さまよりお問い合わせや当該措置の申請をいただきました。これに関連し、以下2件の告知を追加いたします。

1.特別措置 適否決定の通知について

1)期日までにいただいた適用申請すべてについて、客観的事実確認ならびに平等性確保のための共通基準を設定の上、適否を審議・決定いたしました。結果につきましては、以下の要領にて、本日以降、順次ご通知いたします。
 ①法人としての一括申請(団体申請)の場合は、各法人の担当者様宛に審査結果を取りまとめご連絡いたします。
 ②個人の受験者様の場合は、各人の登録されているメールアドレス宛に結果を通知いたします。
なお、結果に関するお問い合わせやご意見の申し立てにつきましてはお受けいたしかねますので、予めご了承願います。

2)特別措置の適用が決定した対象の方々には、以下の要領にて、所定の金融口座に返金分の金額()を振り込みいたします。
 ①法人の適用分は、各法人単位に一括して(合計金額)を振り込みいたします。(振込予定日:10月31日)
 ②個人の適用分は、各人の指定口座に返金分の金額を振り込みいたします。(振込予定日:同上 )
返金分の金額 : 交通障害により受験できなかったと認められる試験の受験料から、費用として発生済の決済手数料および返金に要す振込手数料を差し引いた金額

2.追加の特別措置

1)科目合格による試験免除()の権利(留保)
資格取得に至らなかったものの特定の科目に合格した場合、当該科目については以降2回(通常1年間)の試験において、合格状態にあるものと見做し、試験を免除するという制度
上記1.の特別措置適用対象者の方々のうち、今回の試験を試験免除の権利を行使する予定であった場合、その権利を留保します(1回分の権利を順延します)。
(例)前々回のアドバイザー試験でCS関連法規を科目合格した方が、今回、最後の試験免除権利を行使し商品知識を受験予定であったが、交通障害により受験できず、特別措置の対象者として認められた。この場合、試験免除の権利は留保され、次回の試験にて行使できるという特別の措置を実施します。

2)大阪会場で受験された方に対する特別措置
9/5(水)の1限目および2限目の試験時間帯において、空調設備が故障した影響により、受験者の皆さまには気温と窓開放による音によりご迷惑をおかけしました。
本件について次のように対応いたします。
 ①試験自体は有効とします(=合格された方の「合格」という結果は有効とします)
 ②1限目・2限目の試験の結果、不合格であった科目について、ご希望の方には 「次回(来年3月)の受験機会」
  を提供いたします。
現時点で、上記②についての申請は必要ございません。来る12月1日より始まる3月試験の受験申請にて、「別に定める期日()」 までに受験申請していただくことにより、受験費用負担なしで受験していただけるよう対応いたします。なお、9/5の試験を団体申請にて申請された方の本手続きは、3月試験についても団体申請にて行っていただけるよう各法人の担当者様宛にご連絡いたします。(団体申請にて受験された方は、3月試験-個人申請では特別措置は適用されません)
上記2-2)-②の特別措置の申請期間は3月試験の受験申請案内の時期(来る12/1~)に合わせてご案内いたします。

以上