一般財団法人家電製品協会

家電製品を安全にお使いいただくために

暮らしのお役立ち情報 「家電品を安全に使うためのマーク」 ~

家電品を安全に使うためのマークとその意味

家電製品の本体や取扱説明書にある、警告図記号(マーク)や説明文などをよく読んで、正しくお使いください。
注意マーク
注意マーク
製品の取扱いにおいて、発火、破裂、高温等に対する注意を喚起するマーク。
発火注意
使い方を誤ると、
発火の原因になります。
破裂注意
使い方を誤ると、
破裂の原因になります。
感電注意
分解したり、水をかけると、
感電の原因になります。
高温注意
高温になる部分があり、
触ると火傷の原因になります。
回転物注意
モーターやファンなど、回転する部分があり、
フタやカバーを開けるとケガの原因になります。
指のケガに注意
使い方を誤ると、
指のケガの原因になります。
手を挟まれないように注意
うっかりすると、ドアー、挿入口などで手を挟まれ、ケガの原因になります。
指を挟まれないように注意
ドアー、挿入口などで指を挟まれ、
ケガの原因になります。
禁止マーク
禁止マーク
製品の取扱いにおいて、その行為を禁止するマーク。
火気禁止
火気を近づけてはいけません。
製品が発火する原因になります。
接触禁止
触ってはいけません。
ケガ・火傷の原因になります。
風呂、シャワー室での使用禁止
防水型ではないので、
風呂場などで使ってはいけません。
漏電によって、感電や発火の原因になります。
分解禁止
製品を分解してはいけません。
感電やケガの原因になります。
水ぬれ禁止
雨水のかかるところで使ってはいけません。
漏電によって、感電や発火の原因になります。
ぬれ手禁止
ぬれた手で製品を触っては
いけません。感電の原因になります。
指示マーク
指示マーク
製品の取扱いにおいて、指示に基づく行為を強制するマーク。
電源プラグを抜け
電源プラブをコンセントから
抜いてください。
アース接続
安全アース端子付きの製品の場合、
アース線を必ず接続してください。
前のページヘ戻る 次のページヘ進む
このパンフレットをPDFで開く
ページTOPへもどる